• Home
  • 運営者案内
  • 個人情報保護の規約に関して
  • 利用規約/免責事項
  • 住宅建築の前に土地の検査を

    12月 5, 2014 by  
    Filed under 不動産関連

    物件の建築ですが、最近は注文住宅が流行っているみたいです。自分の望みどおりのデザインや設計が出来るだけでなく、エネルギーの節約などのシステムを組み込む事が可能です。これだけ聞くと、注文住宅はとても良いと感じ、業者に依頼をしそうになるのですが焦ってはいけません。家を新しく建てると言う時には、万が一の事が起こらないとように、しっかりと建築予定の土地の特性を調査しないと取り返しがつきません。

    土地の調査の結果、地盤が弱く建築には向かないと診断されることがあります。このような時、購入した土地は無駄になってしまうかもしれません。しかし、平板載荷試験などで詳しく土地の対重性などを詳しく確認をすると、その土地に向いた建築方法などを調べられるので、購入した土地に注文住宅を建築することが可能になるのです。平板載荷試験というととても大掛かりな試験なのでは?と思われがちですが、実際は大掛かりな検査方法ではなく、それほど値段も掛かりません。建築前には必ず行なうようにしましょう。

    平板載荷試験を行なう業者なのですが、依頼をするのであれば、正確に調査してもらえるところでないと意味がありません。こちらのような実績のある業者に依頼をする事で安心できるかと思います。
    地盤調査、土壌調査等の課題解決ならジオ・フロントのフィールドワーク